「どうしよう、

どうしよう」と言いつつ、全く動く気配のない人が苦手です。


でも、なぜかそういう人につきまとわれます。


「どうしよう」と言われると、それに対して一生懸命解決策を考えてあげたいと思う。

あれはどうか、これはどうかと、ない頭をフル回転させて、

少しでもなにかヒントになることや、きっかけになるお手伝いができればなと。


別に肯定じゃなくてもいいんです。

それはこうこうこういう理由で無理だあって、筋の通っている理由があれば、

そうだねー、じゃあこれは除外して考えようってなるので。


でも、なんでかわからないけれど、私の周囲にいるそういう困ったちゃんは、

「うーん、うーん」みたいなのらりくらりで、結局また「どうしよう」の堂々巡り。


もしくは、「はあ?そんな理由?」っちゅーようなことを胸張って言う、

どんだけ甘ちゃんなんっすか?ってな人。


アナタさー、結局は


現状維持が一番ラクなんでしょ?


って、何度言いかけたことか。


行動する気ないなら、どんな解決策を出しても無駄じゃない??

だってどっちみちラクな方に流れるんでしょーーー。


ただ、この間会った方は、改善されていた。

共通の知り合いが、この最強困ったちゃんで、私はもうフェードアウト決定!なんですが、

その方の話しになったので、私はそういう人は苦手なんだということを包んで言ってみたら、

「ハッ!(゜ロ゜)」と思ったらしく(そういう顔をした)

私へ相談したことのアドバイスを受け入れ、調べてみようかと思うと言い出した。


その方法を選べ!と言っているわけではなく、

そうやって人の意見を受け入れて調べてみるという行動をすることが大切だと思うのです。


だって「どうしようどうしよう」言っているだけで、人の助言を全否定するだけだったら、

一歩も進まないけれど、「調べる」という行動を起こすだけで、

一歩は進んでいるわけですから。


「調べてみた結果、その方法は自分にはダメだった」なら、全然良くないですか?

その方法が合わなかったということがわかっただけでも、ひとつ収穫ですよね。


「お金ないお金ない」って言いながら、就職活動もせず、

バイトで、実家暮らしで、週に数回しか働かないという極楽生活な知り合い。

時給は確か、700円台か800円だったかな。私より年上。


そりゃあ、そんな働き方だったら、


お金ないに決まってるっしょヽ(`⌒´)ノ


そこから這い出そうともしない。結局、現状維持が楽しいんだろうな。


もう、絶対に相談には乗りません……。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。